FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いよいよ確定申告も期限が迫り、新年度が近づいてきました。

 新年度以降、平成25年の所得をもとに、市・府民税や介護保険料、保育料、国民健康保険料などが順次決まります。

 そのうち国民健康保険は、寝屋川市などの自治体が運営する「市町村国保」のほかに、建設国保・大建国保・整容国保など業種別組合が運営する「組合国保」があり、それぞれ保険料が違います。

 そこで、それぞれの保険料を計算し比較したものを表にしてまとめてみました。


 すると、次のような傾向があることがわかります。

・加入者が複数の場合、年間所得200万円までは市町村国保のほうが安く、250万円からは組合国保のほうが安い。

・加入者が1人だけの場合、150万円までは市町村国保のほうが安く、200万円からは組合国保のほうが安い。



 また、寝屋川市の国民健康保険は窓口へ相談に行けば減免や分納ができる場合がありますが、組合国保ではできません。売上げや収入が落ち込むなどして一時的に生活が苦しくなった場合などは、市町村国保のほうが柔軟に対応してくれます。

 ただ、市町村国保より組合国保のほうが健診制度などの事業内容が手厚い場合があります。

 保険料の高低とともに、そうした制度の違いも考慮しながら、自身に最適な国保を選択してはいかがでしょうか。

 なお、下の表はあくまでも参考値です(注意事項を確認してください)。

 具体的な保険料がどうなるのかは、それぞれの国保の運営者までお問合せ下さい。

国保比較

注意事項
※保険料は平成25年度で計算していますが、寝屋川国保の保険料は平成26年以降の軽減制度を反映しています。
※「年間所得」は、確定申告書Bの⑨の金額です。
※「年間所得」は、世帯主のみを想定しています。配偶者・家族のパート収入98万までは保険料に変化はありません。
※「☆」印の部分は、国保未加入の同居家族がいる場合や専従者控除のある場合、保険料が上がる場合があります。



国保運営者問い合わせ先一覧
・市町村国保(寝屋川市)
 072-824-1181
・大建国保(大阪建設労働組合寝屋川支部)
 072-838-0070
・建設国保(大阪府建設組合)
 06-6541-7136
・整容国保(大阪府整容国民健康保険組合)
 06-6351-8901
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://neyasyaho.blog41.fc2.com/tb.php/432-8c7e109a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。