FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 20日(木)、寝屋川社会保障推進協議会は寝屋川市役所広報公聴課を通じて、馬場好弘市長に「生活保護に対する要望書」を提出しました。

 以下、全文を紹介します。

                                  2014年 2月 20日
寝屋川市長 馬場 好弘 様
                                 寝屋川社会保障推進協議会
                                  会長 南  貢 

            生活保護に対する要望書

住民の暮らしを守っての貴職の日頃のご尽力に敬意を表します。
  市民生活の厳しさは変わっていません。最後の砦としての生活保護制度における役割は重要度をますます増しています。 市民生活を守る立場から以下の要望をいたします。


〔要望項目〕

1. 申請権の侵害となることがないよう、法律に則した運用をしてください。

2. 被保護者に対する指導助言は一人一人の実情に即した適切な対応としてください。

また、正式な指導は誤解を招かないよう文章を示し対応をしてください。

3. 適正化ホットラインのポスターはまさに被保護者が不正をしているような印象を与え市民に密告を推奨している。市民間の不審を招くホットラインは直ちに廃止をしてください。

4. 生活保護制度全般について市の考え方を聞く懇談の場を設けてください。


以上について3月31日までに書面にて回答をお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://neyasyaho.blog41.fc2.com/tb.php/428-6ac64e47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。