FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ヨーロッパは、日本にくらべて社会保障が充実した国ばかり。

 働く人々の権利も、日本よりもしっかりと守られています。

 いずれも日本と同じ資本主義体制の国々で、経済力も日本と同じような国ばかりです。

 社会保障や働くルールが壊され、「人間らしい生活と労働」が守られない日本という国を問い直し、「まともな日本」への方向性のヒントとなる、2つの本を紹介します。

 年末年始の読書のお供に、ぜひお薦めします!!

なぜ、デンマーク人は幸福な国をつくることに成功したのか どうして、日本では人が大切にされるシステムをつくれないのかなぜ、デンマーク人は幸福な国をつくることに成功したのか どうして、日本では人が大切にされるシステムをつくれないのか
(2008/02)
ケンジステファンスズキ

商品詳細を見る


失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること
(2010/10)
都留 民子

商品詳細を見る



 なお、この2つの書籍をベースに、弁証法的唯物論・マルクス経済学などの「基礎理論」を学ぶ意義にも触れながら、「人間らしい労働と生活」を展望する講演会が、1月5日に行われます。

 こちらもぜひご参加ください!!

2014年勤労協「新春学習集会」

現代を深くとらえる
人間らしい労働と生活


1/5(日)午後2時開会
エルおおさか 大ホール
お話:槙野理啓さん

お問い合わせ:勤労協 06-6943-1451



事務局の2013年元旦
来年春で廃止となる北海道の江差線へ
撮影地 江差線 上ノ国-江差
IMG_5531_201312251009477ef.jpg






関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://neyasyaho.blog41.fc2.com/tb.php/411-930bf749

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。