FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日の寝屋川市議会で、池田幼稚園とすみれ保育所を統合して「認定こども園」の保育所施設とする条例案を、共産党議員団と無所属の小西議員のみの反対で可決しました。

 これは、すでに廃止を決めているすみれ保育所を、池田幼稚園を廃園にして「幼保一体型」の施設とするものです。

 大阪府は民間の幼稚園を認めていないため、「こども園」の幼稚園は私学助成が受けられません。

 「こども園」は事業者と保護者の直接契約となるため、保育料や入所児童の決定権は事業者にあります。保護者の負担増や、障がいなどの困難をもった子どもに不利益を受けることなないよう、寝屋川市にはしっかり対策することがもとめられます。

 今回の「こども園」が実施されると、敷地が狭くなり、年長児は生活リズムが異なる多人数の混合編成となり、費用負担も大幅アップするなど、多くの改悪が子どもと保護者を襲うことが懸念されます。

 そのうえ問題なのは、寝屋川市は今回の「こども園」計画を、保護者や地域住民にいっさい秘密にしながら推し進め、地域への説明会もほとんどしていないことです。

 政策的にも、住民自治の上からも問題の多い寝屋川市の態度を、市民がしっかりチェックし、正していくことが必要です。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://neyasyaho.blog41.fc2.com/tb.php/363-c08607d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。